職務著作制度の罪

| | コメント(0) | トラックバック(0)
 以下のすべての要件を満たす場合、従業員が創作した著作物の著作権は法人に帰属します。(著作権法15条1項)

 1.著作物の創作が法人その他の使用者(法人等)の発意に基づいていること
 2.法人等の業務に従事する者が創作したも のであること
 3.職務上著作物が創作されたものであること
 4.法人等が自己の名義の下に公表するものであること
 5.著作物の創作に際して、契 約や勤務規則その他に別段の定めがないこと


 米国の著作権法にも同じような制度があるのですが、本来、アーティストの卵達に彼ら自身の権利を教えるべき教育機関が、著作者から権利を奪っている、と、レッシグ教授が On teaching artists' rights  と題するブログ記事において痛烈に批判なさっています。

 ところで私がこの記事で釘付けになったのは、次の一文です。

Film schools are in the business of creating filmmakers -- artists with film. Their job is to teach both the skill and the ethic of an artist. The skill in making film; the ethic of creating art.

 芸術を創造することについての倫理....................... 
 そうですよね、教えるはずですよね。
 でも。
 
 「左右、逆ならOKですか?」
 「色が違えば、大丈夫ですよね?」

 この子達に、ただひたすらに独創性を追い求めた時期はあったのでしょうか、と、あったとすれば、いったいいつ、アーティストとしての魂(倫理)を失くしてしまったのでしょう....


 「だけど、仕事で描いたんだから会社のものなんでしょ。会社が責任取るんですよね?」

 
 ............... 権利を侵害した張本人が責任を問われないわけはない、と、懇々と。
 他者の権利に敬意をはらわない企業姿勢の罪深さとともに、職務著作制度の罪深さを思います。


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 職務著作制度の罪

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.minori.com/mt-tb.cgi/330

コメントする

このブログ記事について

このページは、minoriが2007年10月29日 22:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「團藤重光 / 伊藤 乾 「反骨のコツ」」です。

次のブログ記事は「NOVAの生徒さんの救済策 - 教育訓練給付制度は使えないんでしょうか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01