NOVAの生徒さんの救済策 - 教育訓練給付制度は使えないんでしょうか

| | コメント(0) | トラックバック(0)
 40万人を超えるといわれる NOVAの生徒さんの救済策について、経産省が旗を振っているようですが、事業を譲り受けるジー・コミュニケーションズ社の受け入れ数はお話になりませんし、他社・業界団体等が発表している人数は、ゼロよりはマシといったレベルでしかありません。

 NOVA社の成長を支えた大きな要因が教育訓練給付制度にあるとはよく言われていることですが、そういえば、NOVA社の不正発覚後、早々に講座の指定を取り消した厚生労働省は、もう知らぬふりなのでしょうか。

 ・ NOVA社で受講していた講座については、破綻時に修了したものとみなして教育訓練給付金を支給する
 ・ 受け入れ先の講座に、NOVA社分の給付金を引き継ぐ(上乗せする)

 などなど、アタマのよい霞ヶ関の人達なら、いくらでも思いつきそうですが。
 もともと、バラマキ政策なのですから、いまさらバラマキ批判を恐れる必要はないでしょう。

 学ぶ意欲をもって行動した社会人に、学び続ける場を最大限確保する施策を考えるのも厚労省の役目では。


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: NOVAの生徒さんの救済策 - 教育訓練給付制度は使えないんでしょうか

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.minori.com/mt-tb.cgi/331

コメントする

このブログ記事について

このページは、minoriが2007年11月10日 16:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「職務著作制度の罪」です。

次のブログ記事は「おお ひばり」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.01